投稿

<パラスポニュース ☆世界複合遺産パラオクルーズ 11/8号>

イメージ
<パラスポニュース ☆世界複合遺産パラオクルーズ 11/8号>



秋が深まる中、お元気にお過ごしでしょうか?

11月4日〜11月10日迄、「国連計画/UNDP」のトビ島チャーター!
「国連」がチャーターするなんて、地道な活動をパラオで行なってきた恩恵かな!?

今回の目的は
■津波や地震時の警報機の設置
■トビは原住民のお墓があり、波で流された歴史を持つ島。
 その原住民がどこから来たのかを調査。

パラオは2012年に世界複合遺産になったけど、第二次世界大戦以前のパラオの
歴史は語られていない。
歴史的建造物から遠い昔を紐解いていく、神秘の島だ。

そこで、
いざ、出発って行きたい所だけど、問題は「グアム付近で発生した超大型台風」

これまで、快晴、ベタ凪、水温:29℃を維持していたパラオの海が一変して
曇り空、雨、強風、うねり、水面は白波が立つ悪天港。

11/4発を11/5朝発に変更してのスタート!
大波と強風の中を進むパラオスポート!

強風時の問題は・・・
アンガウル島を越えると島がなく、強風をさえぎるものがない!
キャプテンの「マラカルに引き返す」の判断で、国連スタッフとミーティング!
ひとまず「マラカル港」へ避難!

台風情報を取得すると、今年最大級の「強烈な台風」
そして、トビ島の天候を確認すると、「大荒れ」ということで結局「クルーズキャンセル」

このチャーターの為に働いてくれた国連スタッフとアメリカの科学者陣!
行けなくて残念だったけど、パラオスポートのポリシーは「安全第一」
2月の再チャレンジまで「TOBI調査」はおあずけ!

今回の台風で上がりすぎた水温が元に戻り、白濁した海が「ブルー」になる事に期待!

海が穏やかでも、荒れても、雨でも、晴れても面白いダイビングができる「PALAU」

是非、11月?12月のダイバーの少ない「ゆっくり過ごせるX’MAS プレゼント付」
のパラオスポートにご乗船下さい。

★12月の魚達のイベント
くるくるマンタ:12/9-12/12
カンムリブダイの行進:12/23-25

★ダイブ記念プレゼント☆★
・ダイブ本数とお名前をデコレートした手作りケ-キ
・スタッフ手書きのTシャツ

★パラオスポート3クルーズ 2019 ビデオプレゼント★

★☆★12月のパラオクルーズ「X'MASプレゼント割」2019★☆★
 ・X…

<パラスポニュース ☆世界複合遺産パラオクルーズ 11/5号>

イメージ
<パラスポニュース ☆世界複合遺産パラオクルーズ 11/5号>



ポナペ付近で発生した熱帯低気圧が台風に変わり
グアム方面に北上して、この後の進路が心配です。

今回はダイビングショップチームの乗船!
初パラオ、初クルーズ船、初大型カメラでの撮影等、いろいろな目的をもっての乗船!
数名は大学のダイビング部のメンバー!

普段は三重の海で「ガンガゼ駆除のボランティア」を週末におこない
ダイビングスキルを磨いている諸氏。

久しぶりの「FUN DIVE」だから意気込みも凄い!
初パラオダイブは「GRASS LAND」

エントリーするとマンタステーションに「初マンタ」
なんと、運のいいダイバー!
2ダイブ目はシアーズトンネルで幻想的な水中世界を体験。

2日目は「初ブルーコーナー」で、やっぱり凄いね!
ジャーマンチャネル、ゲロンインサイド、ゲロンアウトサイド、ニュードロップ、
ビックドロップ、沈船のイロウ、シャンデリアケーブ等など、全15ダイブ。
心のこりは「BLUE HOLE」

あっと言う間の4日間乗船だったけど、潜りきった満足感は凄い!

一人で乗船するも良し、カップルで乗船するも良し、グループで乗船するも良
しのパラオスポート!

是非、11月〜12月の「水温29℃、透明度良し、魚影いっぱい」のパラオに
お出かけ下さい。

★ダイブ記念プレゼント☆★
・ダイブ本数とお名前をデコレートした手作りケ-キ
・スタッフ手書きのTシャツ

★パラオスポート3クルーズ 2019 ビデオプレゼント★

★☆★12月のパラオクルーズ「X'MASプレゼント割」2019★☆★
 ・X'masプレゼント乗船期間:11/12(火)-11/22(金) and 12/1(日)-12/13(金)
 ・X'masプレゼント申し込み期間:11/20(水)迄。
 ・X'masプレゼント割1名様:\8,000 又は 2名部屋を1名利用、4名部屋を2名利用

■ご予約はパラオスポートへ! http://sporttours.co.jp/

「ダイビングが好きになるクルーズ!Palau Sport」はパラオを応援します。

ご質問等はお気軽に下記までお問い合わせ下さい。
*************************************************
株式会社スポートツ…

<パラスポニュース ☆世界複合遺産パラオクルーズ 10/28号>

イメージ
<パラスポニュース ☆世界複合遺産パラオクルーズ 10/28号>



水害災害で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。
又、皆様の生活が通常に戻られる事を心よりお祈りいたします。

パラオは日々真夏の暑さを更新中!
水面は穏やかだけど、水中は水温が高すぎて白濁気味!

今週は「カンムリブダイの行進!」
10月22日はグラスランドへ確認ダイブ!「オスのカンムリブダイが集合」
10月24日はカンムリブダイ狙い!「メスのカンムリブダイが集合」

狙いはカンムリブダイだったんだけど、エントリーすると早朝マンタ!
ゲストはマンタに魅せられマンタから離れられない!
まぁ、これもいいか?!で「20分間」の贅沢なマンタ観賞!

砂地には「バラクーダー」、頭上には「カンムリブダイとグレーリーフシャーク」
ビデオと写真撮影に忙しいダイバー達!

そんな幸せな時間を過ごして、次は「Siaes Cornerへ」
透明度がややいい感じで、カスミチョウチョウウオ群、オオメカマス群が美しい!

2ダイブ後はゲメリス島に戻り、「ジャーマンドロップ、ジャーマンチャネル、ニュードロップへ」
これまで流れがなかったのに、NEW DROPの強烈な流れの洗礼・・・

強烈な流れになると「やはりスキルがないとむずかしいのがパラオ!」
30年ぶりにダイビングを再開したダイバーにはちょっとむずかしかったかもね!

パラオの海はダイブスキルを上達させる海!
魚達はフレンドリーでダイバーから逃げないから「癒しのさかな天国!」

10月は少数のゲストで潜れるから「ブランクダイバー」にはお勧めの時期!

フライトは「ユナイテッド、チャイナエアライン、大韓航空、アシアナ航空」で!
最近の人気はチャイナエアラインで「おいしい中華を食べて帰国」するコース!

是非、6日間コースで「パラオ&台湾」「パラオ&韓国」「パラオ&グアム」の旅を楽しんでね。

★ダイブ記念プレゼント☆★
・ダイブ本数とお名前をデコレートした手作りケ-キ
・スタッフ手書きのTシャツ

★パラオスポート3クルーズ 2019 ビデオプレゼント★

★☆★11月に行く世界複合遺産パラオクルーズ キャンペーン★☆★
 ギンガメ、バラクーダー、グレーリーフ群が巨大化するパラオワールド!
 ・キャンペーン乗船期間:11/1(金)- 11/30(土)[除外日:1.2.3…

<パラスポニュース ☆世界複合遺産パラオクルーズ 10/18号>

イメージ
<パラスポニュース ☆世界複合遺産パラオクルーズ 10/18号>

まだまだ水害被害で時間がかかる日本と思いますが、皆様お元気でしょうか?

今週はダイバーのゲストが乗船!
リピーターゲストと初海外&初パラオ&初パラオスポートのゲスト!
気温:33℃、水温:29℃、天気:晴天、海況:ベタ凪。Wレインボー:2回、
4日間で2晩も「サンデッキディナー」ができる絶好調のコンディション!

しかし、侮る無かれ、水が白濁ぎみ!理由は水温が上がり過ぎてるから!

1日目はマラカルの沈船ダイブ!
透明度は5m!離れると見えない真っ白な世界!
えーーーこれ何?って感じで次は流れのあるBOUY6へ!

下げ潮なのにまったく流れがない、その上、流れが行ったりきたりで方向が読めない!
年に何度か発生する養分濃いめの透明度激落ち時期に突入!
急いで、船を「ウーロン島へ」

3本目は上げ潮で透明度は余りよくないけど「マンタと遭遇」
ゲスト曰く、やっとパラオに来た気分!良かった!良かった!

2日目はブルーコーナーとブルーホールへ!
やはりブルーコーナーも流れがなく、生物は多いものの白濁ぎみ。
3本目と4本目はシアストンネルとウーロンチャネルへ。
シアストンネルでは透明度が良かれと思いきやにごり水の壁に遭遇!
アゲンストだけどUターン!

3日目はジャーマンチャネルとブルーコーナーへ!
昨日よりやや回復基調!ゲストには最高のパラオを味わって頂きたいのがガイド心理。

3本目と4本目はシアスコーナーとグラスランドへ。
シアスコーナーでは「パラオの固有種フレームエンゼル」をゲット!
3個体も見れて良かった、良かった!

4日目は早朝の「ブルーコーナーへ」
流れは弱かったものの、ヘルフリッチ、アケボノハゼ、ニチリンダテハゼ、グレー
リーフシャーク、ギンガメ群、バラクーダー群、ヨスジフエダイ、ノコギリダイ、
ナポレオン、マダラエイ、タイマイ、アオウミガメ、オオメカマス、ミヤコテングハギ群等、
見られて満足満足!

ゲスト曰く、これぞ「往年のブルーコーナーだね」良かった、良かった!
と言うわけで、今年の10月は早い時期から水温が上がり「ミヤコテングハギのシーズン到来」

是非、夏に休めなかったダイバー諸氏、10月〜11月は「水面が鏡張り」
空と雲が映り込むベタ凪のパラオを味わいにダイビング旅行を計画をし…

<パラスポニュース ☆世界複合遺産パラオクルーズ 10/15号>

イメージ
<パラスポニュース ☆世界複合遺産パラオクルーズ 10/15号>


今週は「ソンソロール政府チャーター」でソンソロール、プルアナ、メリル島への運航。
2月以降ソンソロールに行くチャーター船がなかったため、「期待のTRIP!」だ。

太平洋上では大型化が予想される台風がグアム方面へ進む。
海況はベタ凪で出航!
ペリリューを過ぎてからが勝負だけど、順調な運航状況だ!

第一の到着地点は「SONSOROL ISLAND」
台風が大きくなっているのかうねりが始まる。

「SONSOROL」には浅い水路しかないので、「LOW TIDE」ではテンダーボートが
リーフ内にはいれない。まずは「住民」をボートに乗せ島に輸送。
その後は潮位が上がるのを16:00迄待ち、「荷卸し作業」

次は「PULUANNA ISLAND」をめざす。
風が強くなり水面に大きなうねりがでて荒れてきた。
潮位の高い早朝に「住民」を島に下ろし、この日も16:00迄「HIGH TIDE」を
待ち、荷卸し作業。

ジェネレーターや重機など重量のある機器を小さなローカルボートで運ぶのは至難の業!
しかし、ローカルボートでなければ浅いリーフは通過できない。

無事に荷卸し作業を終えガソリンを供給し、 小型船を積み、次は「MERIR」へ。

今の時期は「アオウミガメ」が解禁され、「ヤシガニ」も政府が承認した数量のみ
捕獲が認められている。これがパラオ人の習慣だ。

今回の南西諸島クルーズで「ソンソロール→プルアナ→メリル→ソンソロール」と巡ったが
どの島も木々が枯れている。

9月のパラオ付近を通過した台風の影響で「島が海水をかぶりビーチ沿いの木々は枯れ、
手作りの家も壊れていて、島が汚れているかのよう」

美しい空、美しいビーチ、美しい緑生い茂る、秘境の島からは様変わりした風景。
自然災害はナチュラルライフに大きな影響を与える!

島の人々の荷物運搬を手伝う「SITIBIDORE」、チャーターのコントロールを担当する
「FIELD TRIP OFFICER」お疲れ様でした。

そして、パラオの島々を守るために住む住民、島の子供達を教育する先生、どうぞお元気で!

★ダイブ記念プレゼント☆★
・ダイブ本数とお名前をデコレートした手作りケ-キ
・スタッフ手書きのTシャツ

★パラオスポート3クルーズ 2019 ビデオプレゼント★

★☆…

<パラスポニュース ☆世界複合遺産パラオクルーズ 10/8号>

イメージ
<パラスポニュース ☆世界複合遺産パラオクルーズ 10/8号>


今週は「トビ政府のチャーター」でトビ島へLet's go!
最高の天候の中、パラオスポートは片道39時間の運航に出発!

乗客も上機嫌!というのも、ペリリュー、アンガウル島をぬけると
ソンソロール迄 風よけの島がない。

パラオ領域であって、パラオではないほどの遠さで言葉も「トビ語」だ。

トラブルがあったら対応できない程 遠い所だから、運航側も神経質になる。
しかし、今回のクルーズはまれにみる「最高の天候」

まずは「トビ島」により、建築物の資材、ガソリンの供給、医療品、島の電力を
作るジェネレーター等をUNLOADING!

トビでの作業を終えると、次は「ヘレンリーフ」へと船を進める!
ここはサンゴが積み上がってできた小さな島。
何万匹もの海鳥のコロニーがレンジャーステーションを囲む!

ヘレンリーフは水路があり、リーフ内に入れるため、穏やかな海上で就寝できる。
夜はシーバード達の泣き声が美しい海に響く!

一泊して、朝8:00amにヘレンリーフからトビ島へ移動!
5時間を経て到着した「トビ島」には島民と別れを惜しむ人、沢山のお土産を収穫して
笑顔で乗船する人などそれぞれだ。

帰りはコロールに近づくにつれ少々揺れを感じたが、10月1日の「INDEPENDENCE DAY」
の「お祝い料理」を作るんだとはりきって下船。

伝統的な習慣が残っているパラオは良いところだね!

そして、よい旅だったと満面の笑みで下船するパラオの人々!
有難うございました。

★ダイブ記念プレゼント☆★
・ダイブ本数とお名前をデコレートした手作りケ-キ
・スタッフ手書きのTシャツ

★パラオスポート3クルーズ 2019 ビデオプレゼント★

★☆★11月に行く世界複合遺産パラオクルーズ ・早割キャンペーン★☆★。
 ギンガメ、バラクーダー、グレーリーフ群が巨大化するパラオワールド!
 ・キャンペーン乗船期間:11/1(金)- 11/30(土)[除外日:1.2.3.28.29.30]
 ・申し込み期間:10/31(木)
 ・早割金額1名様:\3,000

★☆★2020 トゥバタハリーフ トランシションクルーズ 世界遺産6泊7日の旅★☆★
1年で3ヶ月しかオープンしない、世界のダイバーを魅了するフィリピン大秘境リーフ!
・運行期…

<パラスポニュース ☆世界複合遺産パラオクルーズ 9/30号>

イメージ
<パラスポニュース ☆世界複合遺産パラオクルーズ 9/30号>



















パラオスポート号、PALAU2ndクルーズ、スタート!
水面は鏡張りで無風のクルーズ日和!

最高のコンディションを迎えたパラオのダイビング環境!

今回のJAL便乗船者は5名!
インドネシア駐在時にダイバー仲間になった面々とカメラ派ダイバー!

1日目は「ウーロン島で4ダイブ」
ドリフトのウーロンチャネル、神秘の館シアーストンネル、
サメとダイブするシアースコーナー、魚の群れを楽しむグラスランド。
全てのダイブに変化があって面白い!

2日目は「ゲメリス島で4ダイブ」
やや流れのあるブルーコーナーでナポレオンのお出迎え、
ジャーマンチャネルでは新旧クリーニングステーションでマンタ!、
長距離を行くゲロンアウトサイド、地形とおやすみ前の海ガメがいいニュードロップ!

3日目はブルーコーナーから開始!ビックウエーブで上げ側から入れず、泳ぐ泳ぐブルーコーナー、
2本目はマンタを期待してジャーマンチャネル、3本目は貸切のブルーホール、
4本目はゲロンインサイドでゆっくり撮影タイム!

4日目は「INOKIアイランドとジェリーフィッシュレイクツアー」
3年ぶりに復活したジェリーフィッシュに行ったら、無数のクラゲ達が生息!
美しい水中の舞にみとれるダイバー諸氏!

「パラオは泳いで魚に出会う系のダイブサイト!」
日頃から体力アップにつとめて、パラオを楽しんでね。

JAL便が終わったら、「トビ島&ヘレンリーフの政府チャーター!」
良い海況が続きますように!

★ダイブ記念プレゼント☆★
・ダイブ本数とお名前をデコレートした手作りケ-キ
・スタッフ手書きのTシャツ

★パラオスポート3クルーズ 2019 ビデオプレゼント★

★☆★11月に行く世界複合遺産パラオクルーズ ・早割キャンペーン★☆★。
 ギンガメ、バラクーダー、グレーリーフ群が巨大化するパラオワールド!
 ・キャンペーン乗船期間:11/1(金)- 11/30(土)[除外日:1.2.3.28.29.30]
 ・申し込み期間:11/15(金)
 ・早割金額1名様:\4,000

★☆★2020 トゥバタハリーフ トランシションクルーズ 世界遺産6泊7日の旅★☆★
1 年で3ヶ月しかオープンしない、世界のダイバーを魅了するフィリピン大秘境リーフ!
・運行期間:2020…