投稿

<パラスポニュース ☆マラパスクアクルーズ 7/21号>

<パラスポニュース ☆マラパスクアクルーズ 7/21号>
こんにちは、NISHIです。

今回の【令和2年7月豪雨】で被害に合われた方々に心よりお見舞い申し上げます。
COVID-19でボランティアも入れず本当に大変な事態です。

又、豪雨被害が落ち着かない内に【GO TO TRAVEL CAMPAIGNのスタート!】
なんだか日本中、混乱してますね!
政府と国民が一つになっていない点がとても残念。

パラオはというと、
2万人の国民だから、国民の意見がしっかり政府に届く形態!
だから、投票率も95%以上で政府への信頼が厚い!

今年のパラオの大統領選は11月1日!
COVID-19 で国民を混乱に陥れられないので10月迄は【鎖国継続中】
のんびりした国だけど、国民が政府を支持しているから幸せかも!

ところで、パラオスポートは7月も「レイテ湾で待機中!」
船の中は感染リスクがなく安全で食料もあるから、CREW達はそれなりに不安なく生活してる様子!

逆にセブの自宅に戻ったスタッフは4か月間仕事がなく、食べ物が少なくなって不安とのメッセージ!
本当に世界中が大変な状況だけど、打つ手がないのが現実。

今週のセブはMECQに緩和されCOVID-19 の感染状況に変化がでて、
8/1から長期滞在ビザ保有の外国人の入国も許可される。

ドゥテルテ大統領の会見では、
フィリピンの感染指数は安定しており、比較的感染拡大は抑えられ重篤患者は少ないものの
新規感染者がまだ出ているため、病院施設や隔離施設などの負担を鑑み、感染拡大を
防ぐために、これまでの措置を継続し感染拡大に備えるとのこと。

各州や市の検疫措置のレベルは下記です。
■MECQ[修正された強化されたコミュニティ隔離措置]:セブ市
■GCQ[一般的なコミュニティ隔離措置:・マニラ首都圏全域.ビサヤ地域、ラプラプ市、セブ州、
■MGCQ[修正を加えた一般的なコミュニティ隔離措置]:カガヤン州、プエルトプリンセサ市

世界中の人々が頑張っているCOVID-19 と生きる2020年。
パラオでは地球の免疫がなくなって、驚異的なウイルスが発生したという・・・
無くした自然を取り戻し、自然と共にいきる方法に気づかなければならない時なのかも!

パラオスポートはダイバーの皆様の夢を実現するクルーズ船として再開できる日を待ち望んでおり…

<パラスポニュース ☆マラパスクアクルーズ 7/13号>

<パラスポニュース ☆マラパスクアクルーズ 7/13号>
こんにちは、NISHIです。

九州、岐阜、長野県で水害被害に合われた方々に心よりお見舞い申し上げます。
COVID-19で疲弊している時期にさらに水害とは本当に心痛な思いです。

世界は経済活動と共に感染者が増え、複雑な気分。

平和と安全が一度壊れると、沢山の命を失い、生活スタイルを変えても取り戻せない現実を痛感。

海に行きたい、ダイビングしたい気持ちはみんな同じですが、「安全宣言がでるまで」は一緒に頑張りましょう。

日本を救えるのは私たち日本国民だけですから。

ところで、パラオスポートは今週も「レイテ島/タクロバンで待機中」
今週のフィリピンはマニラ→日本のフライトも開始され、やや緩和されてきた状況ですよ。

■ECQ/強化されたコミュニティ検疫:セブシティ
■GCQ/一般的なコミュニティ検疫:ルソン島、バギオ市、カビテ州、リザール州、ラプラプ市、
タリサイ市・ミンラニニャし、コンソラション市、レイテ州、南レイテ州、
■MGCQ/緩和されたコミニュティ検疫:マニラ首都圏・カビテ州・リサール州ボ、ホール島・ネグロス島・
イロイロ・パラワン・ダバオ、シキホール島

パラオはというと「平和継続中です。」
しかし、12月まで観光客を受け入れない話もでてるからちょっと不安!

パラオスポートはダイバーの皆様の夢を実現するクルーズ船として再開できる日を待ち望んでおります。
それでは、感染予防をばっちりとして今週もテレワークに出勤にと頑張りましょう。

■皆様へのお願い
今回のCOVID-19ではパラオスポートも大打撃を受けております。
収束後の救済支援のご協力として、「マラパスクアクルーズ&パラオクルーズへ」
是非、ご乗船下さい。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ Welcome to Palau Sport ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 
         2020年マラパスクアクルーズ 9月スタート
       世界のダイバーがめざすフィリピンの世界遺産を潜ろう! 
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
パラオスポートは世界的なコロナウイルスの計り知れない影響を乗り越え、
7月?9月は「マラパスクアクルーズ」を催行! ダイバーの夢を叶える
「Live …

<パラスポニュース ☆マラパスクアクルーズダイブ 7/3号>

<パラスポニュース ☆マラパスクアクルーズダイブ 7/3号>
こんにちは、NISHIです。

経済活動が再開されたと思いきや、COVID-19 の感染拡大!
皆様、お元気にお過ごしでしょうか?

100年前のSARSの死亡者が30万人なのに、COVID-19 は3カ月間で50万人。
侮れない超強力なデビルウイルス!

パラオのきれいな空気の中で生きてきた私は全てが怖い。
電車に乗るのが怖いから、ほとんど徒歩移動!
まっ!健康的でいいんですが・・・

ところで、パラオスポートは今週も「レイテ島で待機中」
Messengerでクルーに連絡をいれると、
「Your crew is OK,No problem in health and everything,It's ok don't worry about that」
と優しい返事が返ってきます。
うれしいですが、彼らも耐えているんだなぁーと感謝する気持ちです。

今週のマニラとセブの状況は下記警戒が7月15日まで延長されました。
■セブシティ:ECQ(レベル1)エリア/強化されたコミュニティ検疫
■マニラエリア:GCQ(レベル3)エリア/一般的なコミュニティ検疫
■タリサイシティ:(レベル:4)エリア/緩和された一般的なコミュニティ検疫

7月15日迄、延長した理由をニュースで見たところ、
フィリピン人はカトリック教徒が大半、今週は「サントニーニョの祭礼」
サントニーニョとはキリストの子供時代をセブを挙げて行なうフィリピン最大のお祭り。
なんとこのお祭りパレードを市民が強行したとの事。

「COVID-19のPandemic」でフィリピン全土に危機感をもち、国民の協力が必要な時に
パレードを見た「ドテルト大統領は怒り浸透!」

「Cebuanos as Herdheaded」と語り、
国の感染予防対策を守らなかったセブ地域に対して、再度
「ECQ/最も高リスク/厳格な在宅ルール等が課せられる地域」を発令!

と言うわけで、またまた延長されたマラパスクアクルーズ!
そして、「鎖国中のパラオ!」

世界中の経済活動が再開されたと同時に感染が拡大したCOVID-19 の現状。

パラオスポートはこの難局を何とか乗り越え、ダイバーの夢を実現するクルーズ
船として再運航できる事を待ち続けています。

それでは、感染予防を…

<パラスポニュース ☆マラパスクアクルーズ 6/25号>

<パラスポニュース ☆マラパスクアクルーズ 6/25号>

こんばんは、NISHIです。
ようやくパラオからのチャーター機で帰国しました。

皆様、お元気でしょうか?
日本は梅雨冷えの今日ですが、皆様お元気でしょうか?
外出自粛も緩和し、町は明るさと活気がでてきましたね。

パラオは強風の荒れたお天気の一週間、そろそろ季節の移り変わり目です。

パラオから驚きの情報を入手したのですが、アメリカからの救済金が
12月迄にパラオ人とアメリカ人に1人「$6000~$7000」又は「$2400/月」が
給付されるそうです。
まだ、誰も貰っていないので真実はわかりませんが、人口2万人のパラオ人が
もらえる給付額は「凄い」です。そして、救済する「USAも凄い!」

ところで、パラオスポートは「レイテ島で待機中」
4名のクルーは船を守る為に勤務中!その他のクルー達は下船。
しかし、フライトが乱れて自宅につくまでとても苦労したようですよ。
かわいそうなのが、帰宅できると思っていたコックのNIKOLOだけは、
フライトキャンセルで再乗船!
COVID-19が世界の人々に与える影響は計り知れませんね。

ところで、ビッグニュースは「フィリピン航空がマニラ→中部への運航開始」した事。
セブ→マニラ→日本にはいけるようになったようです。
しかし、ダイビングエリアはまだ閉鎖中!

マニラはジョジョに収束に向かっていますが、下記警戒は6月30日までは継続中!
■セブシティ:ECQ(レベル1)エリア/強化されたコミュニティ検疫
■マニラエリア:GCQ(レベル3)エリア/一般的なコミュニティ検疫
■タリサイシティ:(レベル:4)エリア/緩和された一般的なコミュニティ検疫

今日は「パラオの歴史第3話」をお送りします。

■後編
戦後、アメリカの占領地域(特別区)になったのが、小笠原、沖縄、パラオ。
パラオを含むミクロネシアは、国連の信託統治領地域でアメリカが統治していた。
しかし、日本が敗戦した事でパラオに居住していた日本人は日本へ戻された。
その時代のパラオの街並みは「西洋そのもの」

そして、マーシャル、パラオ、ミクロネシア連邦はアメリカの自由連合として独立。
しかし、アメリカが持つ特別規定で核をつかえる地域に指定。

アメリカとの特別契約で、有事の際、国土を軍事利用できる条件と引き換えに
多額の援助…

<パラスポニュース ☆マラパスクアクルーズ 6/19号>

<パラスポニュース ☆マラパスクアクルーズ 6/19号>

梅雨を迎えた日本ですが、いかがお過ごしでしょうか?
パラオは毎日、35℃の猛暑続きですが、そろそろパラオも梅雨に突入!

ところで、パラオスポートは「レイテ島で待機中」
6月1日~セブのLOCK DOWNが緩和され、クルー達もようやく下船が許可され、
家族の下へ帰ることができHAPPY 気分!
パラオスポートを守ってくれたクルー達に感謝、感謝!

しかし、船の安全の為には数名待機しなければならない、
「BOBBY,ISIDOR,ANDY,MARIO,FRANCISCO」は引き続き任務遂行中!.

フィリピン航空のフライトも6月~減便の中、運航開始!
と思いきや、6月16日から再度「セブはECQ」に逆戻り。

フィリピンの各地域の規制は4段階レベル、早くMECQになるといいね!
■ECQ(レベル1)エリア/強化されたコミュニティ検疫:セブ市
■GCQ(レベル3)エリア/一般的なコミュニティ検疫:マニラ首都圏全域
■MECQ(レベル:4)エリア/緩和された一般的なコミュニティ検疫:タリサイ市

COVID-19の感染は怖いけど、いつまでこの猛威に振り回されるのか皆目見当つかず!

その上、南北朝鮮問題、人種差別問題と戦前、戦後に解決できなかった問題が世界で山積!
どこでもいける平和な世界になって欲しいな!

ちょっと中断していたけど、今日は「パラオの歴史第2話」をお送りします。

■中編
満州事変で、中華民国への侵略だとアメリカから責められた日本は国際連盟(国連/戦前の名称)を脱退。
信託統治領であったミクロネシアを手放さなかった日本に対してアメリカは強い不満を示し、第二次世界大戦へと。
日米対戦ではアメリカが勝利した。

戦後、国際連合(国連/戦後の名称)はミクロネシアをアメリカの委任統治領と認め、
国連から秘軍事国許可を得たミクロネシアは核実験場となった。

マーシャルのビキニ環礁は国連信託統治領のミクロネシア特別区で、国連により軍事利用が認められた事で
核実験場となり、アメリカによる数十回の核実験で多くの被爆者が今も生存している。

パラオもミクロネシア特別区ではあったが、パラオは非核国を宣言し、核実験エリアから脱却。
非核憲法を制定し1994年に独立を勝ち得た。

又、パラオにはスーパーポート計画(石油備蓄基地…

<パラスポニュース ☆マラパスクアクルーズ 6/2号>

<パラスポニュース ☆マラパスクアクルーズ 6/2号>

緊急事態宣言が解除され、気分的に明るさを取り戻しつつある日常
ですが、いかがお過ごしでしょうか?

COVID-19だけでも世界が一変する問題なのに、アメリカでの暴動や
コロナウイルスの発生地を巡る論争が深刻化。

どうして人は戦うのが好きなんでしょう。
戦後の平和をつかむのに75年の歳月が経過しているというのに。

★今日は緩和してきたGOOD NEWSのフィリピンについて
6月1日よりフィリピン全土でCOVID-19の緩和措置がとられています。
マニラとセブはECQ(強化されたコミュニティ検疫)から6月15日迄はGCQ(一般的なコミュニティ検疫)、
その他の地域はMGCQ(緩和された一般的なコミュニティ検疫)に移行しました。

フィリピンのCOVID-19は日本同様感染者は発生していますが下記状況。
フィリピン:感染者数:18 086人、死者数:957人(変動有)
日本   :感染者数:16 884人、死者数:892人(変動有)

まだ、海洋保護区(コンサベーションエリア)は閉鎖中ですが、7月からトゥバタハリーフ、
マラパスクア島、等が開放される予測情報です。
6月15日迄の感染数が増加しなければ、いよいよフィリピンの海が「ダイバー」に開放される期待感が!

パラオスポートは現在レイテ島で待機中ですが、6月5日~クルー達の下船開始。
これまで感染リスクのない船内で生活できた事はラッキー!
2ヶ月半の長期、船内生活を終え、ようやく家族の元へ、休暇スタート!

少しづつ、前向きに走り始める経済!
PADIでは「COVID-19の感染リスクを減らすダイビング実施のガイドライン」が提示されました。
これで、「ダイバーも大丈夫ですね!」

■皆様へのお願い
今回のCOVID-19ではパラオスポートも大打撃を受けております。
収束後の救済支援のご協力として、「マラパスクアクルーズ&パラオクルーズへ」
是非、ご乗船下さい。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ Welcome to Palau Sport ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 
         2020年マラパスクアクルーズ 7月スタート
       世界のダイバーがめざすフィリピンの世界遺産を潜ろう! 
  ━━━━━━━━━━━━━━…

<パラスポニュース ☆マラパスクアクルーズ 5/22号>

<パラスポニュース ☆マラパスクアクルーズ 5/22号>

日本は緊急宣言がどんどん解除され、少しづつ安心感のある生活が
取り戻せている今日ですが、いかがお過ごしでしょうか?

パラオスポートは今月末までレイテ島で待機中!
船にとってもクルーにとっても2ヶ月を超える「LOCKDOWN」はかなりの忍耐!
パラオスポートを守っているクルー達!ありがとう!

ところで、
海の情報がないこの時期に、ちょっと赴きをかえて
パラオの歴史を3回に分けてお伝えしようと思います。

■パラオの歴史:第一話
15世紀はスペインとポルトガルの大航海時代で、パラオは寄港地
になっていました。

地球を2分割した両国はフィリピンより東側をスペインの統治、
西側をポルトガルの統治と決め、パラオはスペイン領になりました。

その時代はアジアからの珍しい品物(絹、茶葉、スパイス、アヘンなど)を
安く買い付け高く売っていました。
しかし、中継地点のオスマン帝国を通過すると高い関税をかけられるので、
ヨーロッパ西端の両国はオスマン帝国の陸路を通過せず、海路でアジアを
目指す商業方法をとったのが、大航海時代の始まりです。

又、航海中にみつけた島々や大陸は発見した国の植民地となっていました。

1979年、イギリスのアンテロープ号が座礁した際、コロールの酋長が
船の改修工事を手伝った事から、船長がお礼にと武器を販売し、
部族抗争をおこなっていたコロールとマルキョクでは武器をもった
コロールが勝利しパラオを治めていました。

又、スペインの東インド貿易会社はアヘンの販売で多額の利益を上げ、
帰港地としていたパラオは港使用料で高税収を上げていました。
パラオでマリファナが合法だったのはこのいきさつからかもしれません。

米西戦争に敗北したスペインは、ドイツにミクロネシアを売却し、
パラオはドイツ領になり、ドイツ時代が始まります。

ドイツ時代は砂糖、コプラ、りん鉱などの貿易をおこなっていましたが、
第一次世界大戦で日本と対戦したドイツは敗退し、日本領となりました。
その時、掘削したのが「ジャーマンチャネル」です。

そして、日本が統治したパラオには約2万人の日本人が居住し、
学校、病院、初等教育、インフラを整備し、建築、港の建設でパラオ人に
仕事を与え、技術を教え、教育を行っていきました。

それが、パラオ人が日本人を…